FC2ブログ

20180905 VIXX LEO スポーツソウル インタビュー記事



VIXXレオ「『CANVAS』に新しい色をお見せします」[SSインタビュー①]

2018090501000209200015111.jpg



すでにレオの次のキャンバスが期待される。ボーイズグループVIXXレオがソロボーカリストとしての魅力を存分に発散した。7月、生涯初のソロアルバム「CANVAS」を公開したレオは、最近同名の国内初の単独コンサートまで盛況のうちに終えた。

デビュー6年で初のソロ活動に乗り出したレオは、ソロ初のタイトル曲「TOUCH&SKETCH」は、これまでVIXX、VIXX LRで見せた姿とは異なるレオだけの色を十分に表し、収録曲を通じて「キャンバス」というタイトルに合わせて様々な自分の話を描いた。

成功的なソロ活動を終えたレオは書面インタビューを通じて「一人でやってみる初めてのソロ活動だと準備しながら心配をたくさんした」としながら「幸いなことに熱心に準備しただけにファンたちも好きになっていただき、楽しくて幸せな活動になった」と活動感想を伝えた。



- ソロ活動を通じてどのような姿を見せてあげたかったのか。

自分が満足できるステージを作りたかったです。ステージに上がっているすべての時間が自分で見ても堂々できるように、毎日10時間以上練習しました。今回のアルバムを通じて何かを期待して成果を望むよりは、ソロアーティストとして満たすことができるステージの影響力を育てたかったです。 「VIXXレオの色が多彩だ」という感じを差し上げたかったです。


- VIXXのメインボーカルで作詞や作曲、VIXX LRとしても活動したがmソロアルバムは遅い方でしたね。

VIXX LRでの最初のアルバムを出す前、僕のソロアルバムの話がありました。悩んでいる間にVIXX LRの姿を見せて、その後に出せば僕やVIXXにさらにシナジーにならないかと思って準備期間をさらに持つことになりました。VIXX LR活動後、曲をさらに準備することができたし、いろいろな面で完成度のあるアルバムが出てきたようです。


- VIXXとは音楽的やビジュアル的に違う姿にならざるをえない。

VIXXは一本のミュージカルを見せるという感じで、音楽、アルバム、衣装、ステージなど、すべてのものが一つのコンセプトで作られるのが強みと言わなければならないでしょう。視覚と聴覚を同時に満足させてくれるミュージカルのようなステージがVIXXの主なコンセプトならば、VIXX LRはレオとラビの音楽的な調和が強みであると思います。曲を書くときVIXX LRの感じを思い浮かべながら完成するのに僕とラビの色が入ります。ソロのレオとしては、音楽からアルバムカラー、ステージなどをひたすら自分だけで考える自分だけのカラーを正しく見せることができると思います。


- メンバーたちの反応が気になる。

メンバーは一言二言ポンと渡す男っぽい性格を持っています。そんな言葉で表現をしてたくさんの応援をしてくれる方です。ラビは現場に直接応援に来たけど、遊びに来たような快適な感じと言うべきでしょうか(笑)。ハギョンも来ていろいろ言葉で応援をしてくれたんです。ヒョクも食べものを準備して二言三言声かけて行きました。他のメンバーたちも病気しないで、健康によく取りまとめろと話してくれたんです。お互いの性格をよく知ってみると、このような言葉と応援が本当に大きな力になりました。

2018090501000209200015112.jpg


- ソロ活動中1位になった。最も意味があったり得たものがあるならば。

最初に、アルバムを出して、コンサートまでしてファンの愛をもう一度濃く感じました。2番目に、情熱的な自分の姿を見ました。一段階成長し、もう少し大人っぽくなった感じと言いますか。3番目に、このすべてのことを僕一人ではなく、多くの人の力が必要だということを感じました。小さくは会社の従業員の動きから、大きくはファンの交流が多くなり、さらに細かく知ることになったと思います。今回の活動をしながら、最も大きく感じ得るのは感謝の気持ちです。本当に感謝申し上げるという言葉伝えたいです。


- 単独コンサートまで盛況のうちに終えた。

ステージに立つ時、本当に心臓が破裂するくらい震えた瞬間があったんですよ。VIXXが体操競技場でファンショーケースした時とミュージカル公演する時です。ところが、その時以上の本当に大きな恐怖と緊張感を感じたのが、今回の自分のソロコンサートでした。みんな「なぜこんなに震えてるのか」と話しましたよ。初日の公演を終えて大丈夫でしたが、ステージに立つまでは本当に緊張しました。おそらく「コンサートを見に来てくださる方々を満足させることができるか」という漠然とした不安が大きかったと思います。初日の公演に来たラビにも「とても震える」と言ったところ「(自分も)もともと震えてる」と言いました。そんな言葉を聞いたから、「ああ、自分だけ震えるのではないんだ」と慰めになりました。2日目の公演からとても良くなりました。 「僕はどうしてこんなに緊張したんだろう?」と言うほどです(笑)。


- レオの目標が気になる。

僕の目標と夢はいつも常に自分の幸せで周りの人々が幸せになって、僕たちのファンが幸せなんです。子供の頃から夢見てきた歌手になったので目標がないのではなく、僕は何をしても楽しく幸せしなければならないと思います。僕の周囲の人々も、いつも幸せで楽しかったらいいですね。キャンバスに新しい絵を描くならば、まだお見せできなかった色をお見せしたいです。良い音楽を聴かせて差し上げるのが僕の目標です。






レオ「VIXXとしたいことが多く、スターライトは僕の最大のミューズ(女神)」[SSインタビュー②]

2018090501000209500015131.jpg


すでにレオの次のキャンバスが期待される。ボーイズグループVIXXレオがソロボーカリストとしての魅力を存分に発散した。7月、生涯初のソロアルバム「CANVAS」を公開したレオは、最近同名の国内初の単独コンサートまで盛況のうちに終えた。

デビュー6年で初のソロ活動に乗り出したレオは、ソロ初のタイトル曲「TOUCH&SKETCH」は、これまでVIXX、VIXX LRで見せた姿とは異なるレオだけの色を十分に表し、収録曲を通じて「キャンバス」というタイトルに合わせて様々な自分の話を描いた。


しばらくVIXXではなく、歌手レオとして成功的な活動を終えた彼は「一人でやってみる初めてのソロ活動だと準備しながら心配をたくさんした」としながら「幸いなことに熱心に準備しただけにファンたちも好きになっていただき、楽しくて幸せな活動になった」と感想と共にVIXXの話を伝えた。


- VIXXとしてもう7年目だ。感慨が格別ようだ。

僕たちが7年目ということに気づくのが、音楽放送現場に行けば僕たちよりも後輩が多いときに感じることになります。そしてメンバーたちと一緒に映像を見て昔の話をする時も、ふとそうです。 7年の間に多くのことがありましたが、本当に充実して送ったと思います。それを見守ってくれたファンがいたからこそ、その時間をよく送りました。まだ旺盛に活動する先輩たちを見て「僕たちの長い道のり」を感じます。したいことが本当に多いんですよ


-7年前と今のレオを比べると。

以前は人見知りが激しくて多くの方々に感謝やお礼をするということでも、有り難いという気持ちをよく表現することができなかったです。音楽的にもたくさん未熟でしたし。過去7年間メンバー、会社の従業員、スタッフが僕を外に出てくるように助けてくれたと思います。その中にスターライトファンダムが最も強力でした。その方々があって、さらに成熟し内面にたくさんのことが出来上がって表現できるようになったようです。僕という人を、家族や友人の前で見せるように話せることができるようになったと思います。まだ少し下手なこともありますが。


-VIXXは、現在どこにいて、どこに向かっているのか。

時間が過ぎても、神話や東方神起先輩のように素晴らしいグループになろうと話しています。僕たちがそのようなチームに成長するのが目標です。時間が経って年を取っても後輩たちの素敵な先輩歌手として残るのが僕たちの目標です。


- チョン・テグンにとってVIXXは何を意味するのか。

僕にとってVIXXは「幸福」です。 「いつ幸せですか?」このような質問をたくさん受けるたびに、いつもわずか幸せを感じるようです。特に控室で僕の携帯電話に保存されているメンバーがいたずらする映像をよく見ます。そんな時「この子たちと長く長く一緒にしたい」ということを感じます。

2018090501000209500015132.jpg


- ミュージカル俳優としても愛されている。ミュージカル「エリザベート」出演を確定したが一緒にしたい俳優がいるのか。

ミュージカルは歌手チョン・テグン、俳優チョン・テグンそして僕チョン・テグンに多くのことを感じさせてくれる活動であると思います。舞台での表現方法、歌を表現する方法、歩き方など多くのことをミュージカルで学びました。尊敬する先輩たちと一緒に作品をしながら学び、新しいことを試みながら、チョン・テグンという人が成長したと思います。 (オク)ジュヒョン姉さんとも親しく過ごします。ありがたいことに、僕のコンサート最終日ソロゲストで助けてくださいました。 (オム)キジュン兄さんは俳優として多くのことを悟らせてくれる先生のような兄さんです。 (シン)ソンロク兄さん、リュ・ジョンハン兄さんそして多くの方々が僕に教えをくださいます。尊敬して好きな姉さん兄さんが本当に多いです。


- 最後に、ファンクラブ「びょるぴ(スターライト)」にしてあげたい話はあるか。

いつも感謝して、感謝の気持ちをどのように表現すべきか悩んでいます。僕が受け取ったものがあまりにも大きな愛であると、お返しする方法を見つけるのが難しかったんです。良い音楽を聴かせて差し上げれば僕が再び愛を受けることになり、良いコンサートを作ってお見せすれば、さらに大きな愛を受けるんです。最近「この愛をどのようにお返ししなければいけないだろうか」と最も多く悩んでいるようです。ファンたちに会うとき、1人1人の目を見てあげたいけどそれができなくて申し訳ありません。スターライトがいるから、僕たちがステージに立つことができ、僕の夢を実現することができました。今後もスターライトを慰労することができる曲を歌ってあげたいです。ファンが僕の最大のミューズであると思います。









スポンサーリンク

2018年3月6日以前のブログはこちらへ

関西びくす会 VIXX is DOPE!!

Twiter
VIDEO














最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサー
プロフィール

westvixx

Author:westvixx
!!!ブログ内容の転載禁止!!!
持ち出しはおやめください
引用される場合は出処を記載してください

⭐⭐⭐⭐VIXX⭐⭐⭐⭐

K-POP界随一のコンセプトドル
Voice, Visual, Value In Excelsis = VIXX
最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを
兼ね備えた6人組アイドルグループVIXXの
活動をお知らせするブログです

最新情報をできる限りタイムラグなく
お知らせすることを目標にしておりますが
中の人の私生活が忙しくて
たまに放置されることもあります

情報内容によってはすっ飛ばしも・・・

また中の人は🐰ラビペン🐰なので
ラビ関連記事が多くなることがあります

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


コメントはお受け付けしておりません

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク