FC2ブログ

20180922 VIXX N「俳優チャ・ハギョン」インタビュー①スポーツ朝鮮版 契約更新 他 言及あり

昨年ドラマ「完璧な妻」、「トンネル」終了時にも行われた

「俳優チャ・ハギョン」インタビュー

今回も複数のメディアで行われたえねねんのインタビューがアップされています

やはり少しづつ違うことが書かれているので

インタビュー記事を分けてアップします(予定は5本くらいです)

どれも長いので少し時間かかります

※略してる部分は同じ内容が記載されています


以下私の感想なので飛ばしてもOKです

毎回えねねんのインタビューを読み終わった時に思うことは

ああ、私びくす好きで良かったなと実感するんです

数年前の日本のステージで突然泣いたえねねん

今回のインタビュー読むと少しはえねねんの気持ちも

あの時よりは楽になっていてくれるといいなと思います



[インタビュー①]「知っているワイフ」チャ・ハギョン「『個人主義者』キム・ファンのように生きればどうだろうか」


2018092301001913500149191.jpg


VIXXエンであり、俳優であるチャ・ハギョンに会った。

チャ・ハギョン(VIXXエン)は、2012年VIXXのシングルアルバム「Super Hero」でデビューして、多数の芸能番組に出演して名前と顔を知らせた。チャ・ハギョンが初めて俳優として立ったのは、2014年放送されたMBC「ホテルキング」から。チャ・ハギョンは以後、SBS「やってきた!ファミリー」(2015)、KBS2「恋にチアアップ!(不躾にゴーゴー)」(2015)、Webドラマ「トゥモロー・ボーイ~恋の始まりはすれ違いから~」(2016)、Webドラマ「恋はマネーゲーム~この子たち、何?~」(2016)で主演を務めた。その後、KBS2「完璧な妻」(2017)、OCN「トンネル」(2017)を通じて熱演を広げて俳優としての地位を固めた。

チャ・ハギョンは最近放映終了したtvN水木ドラマ「知っているワイフ」(ヤン・ヒスン脚本、イ・サンヨプ演出)でチャ・ジュヒョク(チソン)とソ・ウジン(ハン・ジミン)の銀行の同僚であるキム・ファンで熱演した。チャ・ハギョンが演じたキム・ファンは高学歴、高スペックの新入で、学生時代を外国で過ごし個人主義指向が強い人物だ。華やかで独特のパターンを持つシャツを着たり、原色のネクタイを着用するなど、ポイント内では問題的人物に数えられる人物だが、憎たらしいエンという可愛い魅力で「知っているワイフ」を満たした。


「知っているワイフ」を一緒にして 胸が一杯の感情を感じたチャ・ハギョンは、放映終了後の翌日の金曜日(21日)記者と会って「知っているワイフ」の話をして完全に別れを告げた。チャ・ハギョンは「まだ 胸が一杯なんです。打ち上げをしながらドラマを一緒に見る最後のシーンでは静寂が訪れました。涙ぐむ気持ちで同じシーンを見たけど、僕がこの良い人々と同じ心を持って一緒に演技をしたことが本当に胸が一杯になった。実際にまだ無くなっていません。銀行を守るファンというキャラクターのように、また明日朝7時に出勤をしなければならないような心が残っています」と話した。

序盤は「憎たらしい」で指折り数えられたキャラクターだった。それほどキム・ファンは気づいていないようににも見えるし、ある方面では、痛快なサイダーを飛ばすように見せながらも、終わりにはまた憎らしく戻ってくる独歩的キャラクターで「知っているワイフ」を守った。このためチャ・ハギョンに「キム・ファン」はこれまでよりも難しかったキャラクターだった。チャ・ハギョンは「僕には大変でした。僕と全く違う人なので、頭のてっぺんからつま先まですべて作り出したキャラクターで、パーマヘアという設定から高低が激しい口調まで作らなければならなかったし、いたずらな姿を見せて雰囲気を最大化しました。話し方から外観までそれだけ準備するプロセスが大変でしたし、努力も時間もたくさん投資したキャラクターでした」と回想した。


チャ・ハギョンはキム・ファンに変身するために、頭からつま先、そして語り口と行動まで変えて努力した。劇序盤には過剰な設定によりパターンがひどく入ったシャツを着て、イ・サンヨプPDに「それは違うようだ」という話も聞いて、試行錯誤も経験したがチャ・ハギョンは「努力型」という特別な能力で、徐々にキム・ファンの服を完全に着こなした。これで通じたことは彼の真心だ。キム・ファンは序盤憎たらしいキャラクターで、銀行の従業員、そして視聴者の愛を受けるキャラクターになった。チャ・ハギョンは、その手柄をヤン・ヒスン作家に向けた。彼は「最初はファニが憎たらしいかったが作家様が解放して下さってたくさんの話が増えたし、またファニをかわいがってくださって可愛くなりました。視聴者の方々もファニが憎いだけではない友達になったようでした」と話した。

確かに難しい変身だったが、それでもキム・ファンはチャ・ハギョンに魅力的なキャラクターで残った。チャ・ハギョンは「ファニは若い世代の代表という感じがしました。実は僕も年をとってから生まれた子で、末っ子のために生真面目な面があります。長兄とは14歳差があります。その間に大きい姉、そして2番目の姉がいて、そうするうちにファニが憎らしく見えたりもしました。でも、何度もじっくり考えると違いました。ファニが飲み会を指して『業務の延長』と言いましたが、実際に撮影をしてみるとそう感じたんです。撮影が朝7時に始まり、普通は夜11時頃終わりなのに、7時になると自然に飲み会のシーンを撮りに移動をしました。しかし、実際には7時なので疲れましたよ。飲み会が延長だという感じが確かにしました。ファニは、劇中で支店長に申告しますが、実際にファニは支店長への悪感情はなく、不条理を指摘して行きたいと思ったのではないかと思いました。ファニならそうすることができると考え、理解をすることになったし、また妥協もすることになりました。ファニの行動について理解できました」と説明した。


2018092301001913500149192.jpg


チャ・ハギョンと彼が演じたキム・ファンは両極端にいる人物だ。そのため、チャ・ハギョンは違う人生を生きているキム・ファンを演技して、自分の人生を振り返って見ることができるきっかけになったと言った。彼は「ファニをよく見たら、誰よりも素直だと思ったので、さらに反省することになる部分もある。僕とはとても相反する人です。僕は感情の起伏もなく、嫌でもそういうフリをせず、また自分が弱く悲しむ姿を見せたくない部分があります。けどファニは、率直でそのまま表現する姿でした。最初はファニのような友人が周りにいなければ良いと思いましたが、後には、このような友達がいればいいなと思うようになりました。僕が悔しいことをされて悲しんでいるとき横で涼しく言ってくれることができるような友達であるようです」と話した。


2018092301001913500149193.jpg


率直でテキパキして、また明るいキャラクターのおかげなのかチャ・ハギョンは現場の先輩たちに「可愛がられる」をたくさん受けた。彼は「僕がもしファニじゃなかった場合、現場で凍って固まってましたよ。キャラクターがどうなのかより、先輩たちが僕への接し方も違うでしょ。僕が真剣で落ち着いている、物静かな性格のキャラクターであった場合、ここまで先輩たちと親しくなることができなかっただろうと思います。末っ子としてさらに気楽にすることができました。支店長であるソン・ジョンハク先輩は『ファンだった君があまりにも可愛かった』と言って下さったし、我々ピョンチーム長であるパク・ウォンサン先輩は、打ち上げの日、僕に『君の演技とリアクションが良かった。私の台詞を聞いて吸収して反芻する姿が良かった。今のように演技すればより多くの役をすることができる俳優になることができるから熱心にしなさい』と助言してくださいました。先輩たちの演技を見ながら、僕も配慮することができる、柔軟な俳優になりたいということ感じたようです」と「知っているワイフ」を通じて学び残したことについて言及した。

「知っているワイフ」は20日16回を最後に放映終了した。最終回は、ケーブル、衛星、IPTVを統合した有料プラットフォーム全国世帯基準平均7.9%、最高8.6%(ニールセンコリア、有料プラットフォーム、全国基準)を記録し、地上波を含む全チャンネルで1位を水性、水木ドラマ1位放映終了を迎えた。 「信じて見る俳優」の組み合わせであるチソンとハン・ジミンの熱演、そしてドラマをいっぱい満たしたチャン・スンジョ、パク・ヒボン、チャ・ハギョンなどが加勢して好評の中ウェルメイドドラマで残った。






[インタビュー②]チャ・ハギョン「再契約控えたVIXX..お互いへの愛情は確認しました」


2018092301001913400149181.jpg


-前略-

2012年にデビューして今年でデビュー7年目になったチャ・ハギョンに「VIXXエン」という名前はやはり切り離すことができない存在であるはず。彼ら6人、VIXXの再契約を決定する時期も目の前に迫っていた。これに対するVIXXとチャ・ハギョンの心はどうだろうか。チャ・ハギョンは「まだ宿舎生活をしてみると落ち着いて話をする機会がなかったんです。一緒に住んでいるのに、突然『落ち着いて話をするから集まろう』とすると顔が赤くなりました。それでも集まってVIXXの話をしてみたいという気持ちを伝えました。それで話を間もなくできるようです。VIXXへの愛情はすべて確認しました。メンバーたちの間の考えがどうかも確認しました。一人一人として活動をする時にも、会社にまず個人的な活動を話すのではなく、メンバーたちに同意を求めて話をする姿がとても良かったので、お互いにもっと応援することができる環境になったようです。メンバーたちの話も聞きたくて、VIXXについての話も落ち着いて交わしてみたいと考えています」と話した。


それならば「VIXX」へのチャ・ハギョンの意志はどの程度だろうか。チャ・ハギョンは「僕はVIXXとなってからかなりスランプが多かったんです。昨年、それが本当にひどく、VIXXエンとしてどのような方向に進むべきかと思いました。VIXXはマニアックなグループだからターゲットを変えるべきか、でなければ中間点を探すべきか、また、僕たちのカラーを守るべきか悩みがありました。7年目と見て自分のステージを見て青ざめる瞬間が来たんです。変化が必要だという考えもあったが『(SBS)歌謡大祭典』での『桃源境』ステージが喚起を上げて大きい力になりました。VIXXに対する新しい視点を発見したようで、グループの名への喚起も感じました。メンバーたちには『再びどのようにするべきだと考えてもみたが、君たちはどうなのか』と尋ねると、メンバーの考えも同じでした。その後、アルバムもまた出し、日本のアルバム活動もすることになった。一度、VIXXのアルバムについても、一人一人のアルバムについてもどのようにしたらよいか話を聞いてみたいです」と話した。

2018092301001913400149182.jpg


VIXXはまだ宿舎生活をしている。 2〜3年前に独立の機会が与えられたが、メンバー全員一緒のことに不満がなく、一緒に暮らそうとする意志が強かったという。しかし、今一人だけの空間に対する欲も出ているという彼だ。チャ・ハギョンは「2〜3年前に宿舎への自由権を与えられました。会社から独立したいと思えばして、宿舎に住むことを望むなら買おうとなって、僕たちの間で一緒に住もうと言って暮らすことになりました。特別な理由はなかったんです。他のメンバーは近くに実家もあり、ラビは作業室があるのでプライベートな空間があります。だけど、僕ももう自分だけのプライベート空間を準備しようとしています。一人で泣きたい時があって、自分の悲しみをメンバーに見せるのが嫌だったんです。子供の頃からリーダーで生きてきたからのようです。メンバーに見せたくなくて涙が出るのも、隣の部屋から誰かが出てくる音にサッと涙を拭いました」と話した。


2018092301001913400149183.jpg


しかし相変わらずメンバーの関係が面白く、幸せな時間を離したくないチャ・ハギョンだ。彼は「この間メンバーたちが撮影現場にコーヒートラックを送ってくれたんですが『ハン・ジミン先輩を応援します』と書いて送ってくれました。ところが、僕はそれがあまりにも良かったんです。僕もメンバーたちが何かをするたびにドリンクやアイスクリームを買って応援も行って、今度はヒョクが『エンヒョン、コーヒートラック贈りましょうか』と話をしたんです。あえて僕がいた部屋でパパっとそんな話をする必要だったようですが、そこでも子供たちがいくつか反対をしました。「今はちょっと早い」という話でした。(笑)それがあまりにおもしろくてヒーリングにもなりました。そうして、最終的にコーヒートラックが来ましたが、名前が僕の名前ではなく『神ジミン先輩応援します』でした。ヒョクがハン・ジミン先輩の大ファンですので、実際送る方法も知らなかったんですが、僕に送ったのではなくハン・ジミン先輩に贈ってきたと雰囲気喚起も多くなって、先輩たちもたくさん好まれたようです。このようにいたずらをして、そんな瞬間が大事です」と話しVIXXメンバーに対する愛情を表わした。

-後略-





[インタビュー③]チャ・ハギョン「来年30歳、恐れはありませんが焦燥感は起こるだろう」


2018092301001913300149171.jpg


-前略-

嫌なら嫌だ、良ければ良い。表現が確実キム・ファンを演じたチャ・ハギョンはそれとは正反対の人物だ。感情を隠すことに慣れて、自分の悲しみがバレたくないと言う。そんなチャ・ハギョンは、自分自身を気の毒に思いながらもさらに閉じ込めていると感じる。ここに完璧のためにいつも努力して、自分を見ている人達を失望させたくないという心を表わした。せいぜい29歳。まだ若くて幼い青年の考えだった。チャ・ハギョンは「ファンの方々、そして記者の方、大衆が僕を見て話を聞いてくれないなら、僕はこのように(熱心に)しなかったようです。自分で僕がやらなかっただけだという答えを出していたでしょう。自尊心が傷つくと思うけど、自分では僕をご覧の方々の心が変わるだろうという気がしました。自分の姿を見ると飽きる瞬間がくるのに、僕も誰かを好むとき、新しい魅力がなければ飽きりことになるが、僕は自分を見ても飽きるのに、知らない人が見れば、どのように飽きるのかと思いました。だからダイエットも決心して9kgを落としました。皮肉なことですね。自分で自分は努力するタイプではないと思いますが、周りに僕を見守ってくださる方々がおられるので、刺激を受けて期待に応えることになるようです」と話した。


しかし、自分自身が残念な時もあるというチャ・ハギョン。彼は「僕は時々自分を振り返ってとても痛ましいときがあります。『なぜこんなに激しく生きるのだろう』という気がすることです。そんな時に大きなスランプが来る。アルバムを準備する際にも、小さなこと一つを変えるために、なぜこのように激しく一つ一つやり直して仕事をしているのだろうという気がして痛ましくて残念な時があります。『誰かが認める』こんな考えです。メンバーに僕の悲しみを見せたくないものもあります。一度、ソファに座っていて涙が思わず流れたが、その瞬間ホンビンが部屋から出てくる音が聞こえました。慌てて涙を拭いましたがその姿さらに胸が痛くて訳もなくグッと来ました。この前の誕生日の時だったが「知っているワイフ」の撮影現場では、多くの方々が僕の誕生日を知っておられて、取りまとめて下さって自分はとても嬉しかったんです。そして家に帰って台本を見て次の日に撮影のために8時頃に寝ようとしたら、所属事務所代表が電話をかけてこられて、僕が寝ると言うので『お前はどうしてそんなに圧迫感を持っている コラ』という話しをされました。僕はそれなりに満足でしたが、他の人が見ればそうすることができているという気がしたし、激しい自分の姿が思い出されました」と状況を説明した。


2018092301001913300149172.jpg


チャ・ハギョンは「一人で『自らの幸せとなれば良い』と考えながらも『僕は幸せ、こんなに激しく生きて』このような思いがしたりもします」と話した。そのためだろうか。一人で心の向くまま生きていたキム・ファンを準備した一方あまりにも大変だったが、魅力と楽しさを感じたんだろう。チャ・ハギョンはキム・ファンを見て「自分自身を大好きになろう。あまりにも長くリーダーというものをしてみると、感情を表わさない方です。もともとリーダーになる前の僕は不平の塊だった『チャぶつぶつ』でした。年を取ってから生まれた子なので両親に愛もたくさん受けて生きてきて、リーダーをすることになり変わったことが、自分が辛いと知った場合、家で両親が大騒ぎするかもと心配を先にするようになりました。そんなのように僕は涙を流して苦しんでいる姿を見せれば、雰囲気がダウンすると思うことが明らかにあります。会社とぶつかりながら僕が気になること、不快なことが発生した場合、メンバーたちが知って一緒に具合が悪くなるより、僕が会社と話をして解決するのがよいと考えることもあります。だから、感情を隠し始め、スランプも多かったんです。一人でずっと耐えてみると隠すことも、率直に表現できないことも演技に不快感になることもあったし、VIXXにも否定的なようです」と話した。


2018092301001913300149173.jpg


そのチャ・ハギョンはリーダーとして、俳優として成長しており、いつのまにか7年目の芸能人で、来年には30歳を控えている。30歳を控えたチャ・ハギョンは「以前は焦りがたくさんありましたが、それは昔のことです。30歳を迎えるはるか前に焦りがたくさんあって、『知っているワイフ』に会いじわじわするべきだとの考えになりました。しかし、焦りがまったく出ないのかと尋ねられればそれは嘘です。それをたくさん押しのけることができようになったようです。5年後そして10年後の自分を考えます。僕が5年前に描いた姿を思い出してみると、今その目標値に至りはしなかったが、目標に近づいてはいる。僕に30歳という年齢が怖くない理由は、その時が来ればまたその時できる演技をするようで、また体験する心が大きくことと同じでしょう」と期待感を伝えた。

-後略-





[インタビュー総合]「破れてさらに硬くなって」..VIXXであり俳優チャ・ハギョンの30歳が期待される理由


2018092301001913700149201.jpg2018092301001913700149202.jpg
2018092301001913700149203.jpg


-前略-

チャ・ハギョンは日常の中で「幸せだ」という考えをふとすることになるのだ。彼は「自分の姿に自分が飽きてダイエットを始めました。9kgを落とした時、ダイエットに肯定的な効果をみたようです。鶏の胸肉にもいくつかの種類があり、鶏の胸肉団子を食べるとき幸せな気持ちがしました。『僕がこのようにダイエットのために1缶2500ウォンの餃子をボックスで積み上げることができるなんて!』このようなわずかな幸せがありました。以前、舞踊をするときには、ダイエットをすると食べることができるのが卵だけだったが、今は餃子を積み上げることができるという考えが幸せでした。また、心配しないでチキンを食べることができるのも幸せだという気がしました。幼い時誓ったのが両親に借家を差し上げることでした。僕が歌手を準備中、狭いオフィステルで2人が過ごされて苦労もたくさんされました。今では仕事もして大変な状況だと借家を求めたいと思いましたが、1年半前に昌原に借家を手にしました。幼い時からの目標がそれでした。だから、お金を儲けようが儲けまいが、積立金をして差し上げたらとても幸せでした。その後は達成をして成し遂げたと思いましたが、今は自分のスペースに対する欲もできて悩みになりました」と述べた。


チャ・ハギョンは、自分の子供の頃を考えて「役に立った」と話した。チャ・ハギョンは「僕にそんな時代があったので、幸せを感じることができるようです。例えば、最初からビジネス(クラス)に乗った人々は、ビジネスの幸せを知らない。しかし、僕はエコノミーに乗って20時間を移動してみたし、半地下にも暮らしてみたし、脚も伸ばせない部屋でも寝てみたので、今享受する幸せがより大きく近づいて来ました。こういう小さいことが幸せだと考えると原動力になったし、情熱を注ぎ込むことができる力になるようです。今は欲も大きくない。よく分からない時は主演がしたくて、大きな役、インパクトのある役をしたかったが、今は少しずつして、いつかドラマを導くことができないかという考えもあります。そのような確信を『知っているワイフ』がくれました」と明らかにした。


チャ・ハギョンの「演技」は「トンネル」の前と後に分けられる。彼は「僕は『トンネル』と『恋にチアアップ!(不躾にゴーゴー)』に出会って、僕という人を役の中から取り出したいと思いました。チャ・ハギョンも抜き、VIXXエンという色も抜いて、その中で演技したいという思いでした。以前は演技への負担もなかったんです。僕が持ったものだけ持って演技をしたためと思われます。僕が経験していないものを演じ、限界が明らかに来ていたのに『トンネル』をしながらはメイクもしなくて、青い顔にに血のメイクをして服だけ着ました。そのよう作られた『トンネル』を見ると、演技はそうすべきで素晴らしいという気がしました。これまで僕はVIXXエンを捨てられなかったようでした。カッコよく見せたかったし、飾りたかったし、小奇麗に見せたかった心を捨てられなかったんです。その時、歌手活動と演技活動を分離することができるようになったきっかけになったようです。演技に接する態度も変わったし、努力もたくさんしました」と述べた。

2018092301001913700149204.jpg


そのチャ・ハギョンはリーダーとして、俳優として成長しており、いつのまにか7年目の芸能人で、来年には30歳を控えている。30歳を控えたチャ・ハギョンは「以前は焦りがたくさんありましたが、それは昔のことです。30歳を迎えるはるか前に焦りがたくさんあって、『知っているワイフ』に会いじわじわするべきだとの考えになりました。しかし、焦りがまったく出ないのかと尋ねられればそれは嘘です。それをたくさん押しのけることができようになったようです。5年後そして10年後の自分を考えます。僕が5年前に描いた姿を思い出してみると、今その目標値に至りはしなかったが、目標に近づいてはいる。僕に30歳という年齢が怖くない理由は、その時が来ればまたその時できる演技をするようで、また体験する心が大きくことと同じでしょう」と期待感を伝えた。

-後略-












スポンサーリンク

2018年3月6日以前のブログはこちらへ

関西びくす会 VIXX is DOPE!!

Twiter
VIDEO














最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサー
プロフィール

westvixx

Author:westvixx
!!!ブログ内容の転載禁止!!!
持ち出しはおやめください
引用される場合は出処を記載してください

⭐⭐⭐⭐VIXX⭐⭐⭐⭐

K-POP界随一のコンセプトドル
Voice, Visual, Value In Excelsis = VIXX
最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを
兼ね備えた6人組アイドルグループVIXXの
活動をお知らせするブログです

最新情報をできる限りタイムラグなく
お知らせすることを目標にしておりますが
中の人の私生活が忙しくて
たまに放置されることもあります

情報内容によってはすっ飛ばしも・・・

また中の人は🐰ラビペン🐰なので
ラビ関連記事が多くなることがあります

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


コメントはお受け付けしておりません

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク