FC2ブログ

20180922 VIXX N「俳優チャ・ハギョン」インタビュー③News1版

「俳優チャ・ハギョン」インタビュー

複数のメディアで行われたえねねんのインタビューです

①スポーツ朝鮮版→http://westvixx.jp/blog-entry-11776.html


かなり日が空いてしまいましたが

23日以降もちょこちょこアップされて数増えてます

徐々にアップしていきます




[Nインタビュー]①「知っているワイフ」チャ・ハギョン「VIXXエン?自分を消して演技したかった」

article_201810031737567d6.jpg


チャ・ハギョン(28)は、2012年グループVIXXメンバー「エン」でデビューした。ドラマ「ホテルキング」(2014)「トンネル」(2017)に本名チャ・ハギョンで参加して演技活動を併行した。 tvN「知っているワイフ」で自己陶酔が充満した思考偏り銀行員で愛に不器用な恋愛初心者キム・ファン役で存在感を表わした。

「知っているワイフ」は彼に様々な色の感情で記憶されるドラマだ。演技をしながらも「カッコよく」したいと思っていた過去から抜け出し、新しい人物を作る楽しみを再び感じさせ、その楽しさを感じるまで長く深い悩みと努力をすることになった。自ら確信がなかった演技も経験と時間、そして努力が加わりさらに堅く位置していた。

ステージと撮影現場を行き来して数年の時間を費やした。様々な色を重ね塗りしては消しては重ねることを複数回。華やかなイメージを持っているが、その包み紙を一皮剥がせば、完全に29歳の青年チャ・ハギョンが見えた。時には焦りが出て自分自身を追い込むときもあり、スランプを感じたこともあった。その時間を受け入れた後は、さらに成熟した姿で現在を買うことができたという彼だ。


次はチャ・ハギョンと一問一答。

- 「知っているワイフ」からはどのように離れて行ったのか。

まだ胸がいっぱいです。俳優は皆同じ気持ちを持っていることが感じられます。この作品に情熱を持って臨んで、胸がいっぱいの気持ちで過ごしています。今でも銀行に出勤しなければならようで、ファニというキャラクターを残してきたようです。


- 唯一愛情がとても大きく感じだ。

僕はこのような雰囲気の中で、また演技をすることができるだろうかと思いました。僕について先輩たちの真心も感じられ感動もたくさん受けました。ファニは分量やストーリーが大きくはないが、負担感をたくさん持って準備した人物です。ファニのように華やかなスタイルやパーマヘアを好きでもないし、こんな話し方もしない。だからファニの頭からつま先まで、新しく作る必要がありました。準備する過程が大変だったし、時間もたくさんかけました。


- 本人と似ている点がないのに、このキャラクターを演じたのは、自分自身を破ってさらに違う姿に挑戦したかったからか。

僕の姿を抜いて演じてみたかったんです。以前は演技するのに負担がなかった。演技しながら自分が持っているものだけでやっていたようです。そうしたら、限界がきて経験していないものを表現するときは大変でした。VIXXエンを捨てれなかったようです。かっこよく見せたいし飾りたかったんです。それは僕のミスということを悟って、考えを改めた時期が「トンネル」「不躾にゴーゴー」をやってからです。自分とは違う人物になって演技することの趣が分かったんです。


- キム・ファンがどのような面では憎いやつに見える。心配ではなかったか。

僕は生真面目な面があって、ファニが言う言葉に不快感を感じたこともありました。そうするうちにこの友人が完全に間違った話を言っているわけではないんだと思ったんです。 (笑)『飲み会は業務の延長だ』という話もそうなのではないか。この友人は、悪意があってというよりは、不条理を指摘していきたかったのだと。ある程度は理解もできたし、妥協もしました。素直に嫌なものは嫌だと、そのまま表現することができたとき相反しました。最初は僕の周りにファニのような子がいなかったらと思ってて、後にはファニのような友達がいたらいいなという思いがしました。


- 特に社内マラソン大会に参加したシーンが本当にキム・ファンらしいという気がした。

(笑)前日、好きな女性に振られたじゃないですか。だから行かないはずなのに。おそらくファニであれば、不満を言うことはあってもマラソンに行ったでしょう。ところが振られてしまったので、本当に行けないと考えたんです。


article0.jpg


- キャラクターを作るの仲間たちの助けが大きかった。

ファニという人物を作るのは僕だけではなく、周りの人です。ファンをどのように見ているかが重要だからです。先輩たちの小さな心配、小さなスキンシップがファンを作ってくれました。本当に冷ややかに接するのと、愛情をもとに叱ることは違うじゃないですか。


- それは、カメラの外のチャ・ハギョンが先輩たちに良くする後輩のおかげではないか。

僕もファン役でなかったとすれば、現場で凍ったように難しかったと思います。ファンに本当にありがたく、僕も末っ子として楽にすることができた時間でした。僕が演技しながらものすごく悩んだことがあります。チャ代理を喜ぶシーンでファニがこんな人物なのか、簡単に適応できませんでした。セリフ一つが覚えれずに覚えるのに100回、200回やって覚えたのを、ピョンチーム長様(パク・ウォンサン)が気にかけられていたようです。打ち上げで「私の話を聞いてくれるファニが良かったし、君の演技が良かった。今のように演技して成長して負担感なく演技して欲しい」と言われました。とても感謝しました。僕がこのような方々にまた会えるだろうかと思いました。


- セリフ1行にそんなに多くの負担を持って臨むのはエネルギー消費が大きくないか。なぜ自分をそのように責め立てるのか。

自分の演技を疑うから。誰もが見れば自信が多く見えるようですが、自尊心を高めようと努力をするんです。自分に足りないことを知ってみると努力をしなければなりませんでした。


article (4)



- 自らの満足のためにそんなに多くの努力を傾けるのか。

様々な理由があります。自分の満足度もありますが、見守ってくれるファンの方々がおられるじゃないですか。僕に関心を持って見てくださる方がいて、今のように(インタビュー)僕の話を聞いて文章を書く方もいらっしゃるじゃないですか。そんな方がいるのでさらに努力をしなければなりません。デビュー当初と今では本当に多くの部分が変わったし、多くの話ができました。それとともにたくさんの考えもしました。果たして僕を見る人がいなかったとすれば、僕はこのような努力をして生きてきただろうかと思いました。おそらく変わらないようです。


- 本当に熱心に生きている。

自ら努力するスタイルではないですが、見守ってくれる人の期待に応えようとさらに努力することになります。時々自分は、なぜこのように生きたいのか。なぜこのような小さな事のためにストレスを受けてスランプを経験しているのか。これを誰かに認められるのか。劇中で僕が本当に悲しかったシーンは、ウジン(ハン・ジミン)が悲しい映画を見て泣くシーンです。周りの人に涙見せたくなくて悲しい映画を見て泣くのではないか。自分の姿が投影されました。僕は時々涙が出る時があります。ソファに座っていて、涙が急に流れながれて怒りが込み上げてきました。その時、ホンビンがドアを開けて出てくる音が聞こえて泣いていないふりをした記憶もあります。一度はこんなこともありました。僕の誕生日でした。撮影現場でサプライズの誕生日パーティーを開いていただきました。どうやって僕の誕生日を知って準備されたのか、本当に感謝して感動を受けました。夕方に宿舎に帰って、次の日の撮影準備をして早く寝ようとしたら(所属事務所)代表がお祝いの電話をくれました。 「誕生日なのに何しているんだ」という質問に「もう寝ようとしてました」と言いました。それが夜8時頃だったと思います。 「なぜそんなので(つまらなく)生きてるんだ」と言われました。 (笑)そういえば、僕は圧迫感のような誕生日を過ごしたようです。もちろん僕にはとても幸せな誕生日でしたが、周りから見るとそんなこともあるようです。


article (9)


- それでも動き続ける原動力は何なのか。

大変ですが結果を見ると、楽しくて魅力があります。アルバムを準備するときは、あまりにも大変で、もう次のアルバムはできない」と思うんだけど、全部完成してステージをすれば、とてもおもしろい。(笑)ときめいて嬉しい。ステージをすればまたとても幸せなんです。演技も同じですね。


- 考えが深い。

グループのリーダーをしてみると変わったようです。実際、昔の僕は本当に不満そのものでした。「不平の塊」というか。「チャ・トゥジョン(不満)」でした。(笑)子供の頃は年老いてから産まれた末っ子として愛されて育ちました。リーダーをしながらたくさん変わりました。僕のために相手が心配して、気を使うことを先に考えるようになりました。だから感情が高ぶっても一人で耐えていました。


- 「知っているワイフ」の設定のように、過去に行くことができるならばどのような時期に行きたいか。

以前は、このような質問を受けると今の価値観を持って、中高校生の時に行きたい言ってました。「知っているワイフ」を見て考えが変わりました。その時に戻って他の選択をすると、今のメンバーに会えないのではないか。だからその時には行きたくはなくて、僕が最初に演技した時(「ホテルキング」)に戻りたいです。今感じる負担や障害物をその時から感じたなら今ファニの演技が違って、僕の余裕も変わらないだろうかと思います。


<[Nインタビュー]②に続く>







[Nインタビュー]②チャ・ハギョン「両親に借家用意して差し上げて、幸福」


article (3)


<[Nインタビュー]①に続いて>


- 劇中キム・ソラとどうのこうのロマンスを見せた。演技しながらの愛情シーンは初めてなのか。

初めてではありません。「知っているワイフ」では深いなら深く、浅いならば浅いロマンスをしたようです。(笑)本当にファニらしい愛情シーンで、ファニらしいメロだったようです。反転魅力に反して、ダッシュしたが拒絶もされて。(笑)ファニは、恋愛をたくさん知っている人だろうと考えました。人に会うのが好きなキャラクターとか、恋愛経験も多いと思ったんです。そうするうちにゴミ袋にひっくり返りながら断られるのを見て「この人、恋愛経験は多くないな」と思いました。その後、方向が少し変わりました。キスシーンも、キスシーンに焦点を合わせずにファニの持て余した喜び、ときめきに焦点を合わせたようです。ファニは傷ついたことも隠さず、とても素直に表現する人でした。

article (6)


- ヘア、ファッション、話し方などディテールは本人が作ったのか。

ファンというキャラクターを作る欠片kを多く集めました。僕はファンのような人ではないし、周りにもいません。少し憎たらしいキャラクターじゃないですか。それでも作家が愛情を持って解いて下さった。俳優に感謝の気持ちも大きいです。ファンを可愛がってくれたので、ファニが憎いだけではない人物になりました。会社員の友人にもたくさん聞いて、こんな人に似合うビジュアル設定は何かと思って作りました。


- 周りの反応はどうだったか。

下の姉が結婚してママ達の集まりを定期的に行います。ママ達が「知っているワイフ」をたくさん見ると言ってました。夫がこのようなキム・ファンスタイルでばどうかという話をされたと言ったとき面白かったです。良い刺激になりました。姉は元々とてもストレートに言う方なのに「お疲れ様でした」と言ってくれたのが思い出です。 (笑)


article (7)


- 本当にダイエットをたくさんした。理由があるのか​​。

活動しながら、自分で自分の姿を見て飽きた時があったんです。自分もそうだったけど、他の人もそう考えそうだったので。変化を与えたい気持ちにダイエットを決心して、9kg程度落としました。演技でも自分を抜き、他の人を作ってみたかったんです。僕は出歩くことも好きではなくて家で過ごすほうです。家でキャンドル作って。 (笑)そうしたら一人で考える時間が多くなって、他の趣味を探しました。ダイエットして運動してフィギュアスケートもしました。 9kg程度落としました。僕は肯定的な効果をたくさん見ました。ストレスを受けながら運動したわけではありません。鶏の胸肉も種類がどのくらい様々なのか、鶏の胸肉餃子もあります。このように不思議なこともあって、わずかな幸せを感じながら運動しました。


- 意外なポイントで幸せを感じている。

以前は、卵を食べながらダイエットをしたことがあります。お金がなくて。今、僕は鶏の胸肉をこのように20パックずつ積み重ねて置いてダイエットすることができるなんて、これも幸せであるように思います。あ、最近は本当に幸せなことは、両親に借家を差し上げたのです。借家の準備が僕の目標の一つでした。僕の世話しながら良いところでは過ごされなかったので。小さなオフィステルで過ごされたこともあって、両親に借家を差し上げなければならないという考えてきました。年老いて産んだ子供だと見られるので、両親の年齢が高いことが気にかかりました。お金を稼げなくても貯金に注ぎました。 1年半前ごろに昌原に借家を準備して差し上げました。そうしたら大変だったことも、もちこたえることになって、新しい幸せを感じています。目標を成し遂げたら自分の仕事の計画をさらに立てることになって、自分にさらに投資しています。


article (8)


- 大変だった時期があって、さらに熱心に生きるようだ。

大変な時期の話をするのが好きではないですが、その時期は今の自分にとても役立ちまする。半地下にも暮らしてみたし、脚も伸ばせれない部屋もありました。そうしたら、今享受することが幸せで、原動力となります。大変な仕事をして、努力して情熱を注ぐ力になる。僕の努力を調べてみてくれる人がいて、自分の変化を見守ってくれる方々がいて嬉しいです。だからストレス解消をするので、クラブに行ったりお酒を飲んだりしなくても良いんです。僕なりにヒーリングをしています。 (笑)幸せを感じるわずかな瞬間があって、よくやっています。自ら仕事に対する欲を出して、演技も自分に与えられことをよくこなしながら、さらに成長しようとしています。演技をやり始めてわからないうちは主演、インパクトのある役をしたかったんです。今は僕が消化することができる役で少しずつさらに広げていってます。そう考えた時期が「トンネル」「不躾にゴーゴー」だったら「知っているワイフ」は、その考えに確信を付加した作品だと思います。

<[Nインタビュー]③に続く>






[Nインタビュー]③チャ・ハギョン「VIXX再契約?メンバー、グループ、愛情多い」


article (1)


<[Nインタビュー]②に続いて>


- メンバーたちとまだ宿舎生活をする。通常は宿舎生活をして、ある程度時間が経過すると独立するが。

宿舎生活が良いですよ。会社からも約2、3年前に自由をくれました。独立したいメンバーはしても構わない。そうするうちにメンバー同士「このまま一緒に住む?」と話し合って、そのまま宿泊で暮らしています。もちろんその一方で個人のスペースは必要でしたよ。一人で感情を爆発させる時があるのではないか。悲しいドラマを見たいとき、泣きたい時もある。ところがチームのリーダーだからメンバーたちの前で良くない感情を分かち合いたくなかったので、個人のスペースの必要性はあると考えます。

article (2)


- メンバーたちがドラマの撮影現場にコーヒートラックを送ってくれた。

「神ジミン姉さんを応援する」と横断幕を使って車を送ってくれました。 (笑)僕はメンバーが個人活動をすると、現場に行って応援をする方です。ビクスと違う姿を作ることが楽しいこともあって良いですね。今回はヒョクがグループチャットルームで「エンヒョン、撮影現場にコーヒートラック送りましょうか」と言ってました。僕もその部屋にいるのに。 (笑)メンバー同士の意見をやり取りして本当にコーヒートラックを送ってきました。特にヒョクがハン・ジミン先輩を大好きです。愉快なフレーズで送って面白かったしありがたかったです。


- まもなく契約満了だ。再契約と関連した考えはどうか。

まだ(契約について)話し合いはしていません。僕たち同士では真剣話をできないの方なので。集まろうと言えば集まるはずですが、まだできていません。メンバーと正確な話はできなかったが、VIXXへの愛情だけは確認しました。メンバーたちが個人的な活動をしていても、お互いに会話をしながら多くのことを感じます。だからさらに応援することになります。


article (5)


- チャ・ハギョンの考えはどうか。

 ▶事実、これまでスランプが何度かありました。最近では、昨年が大変でした。VIXXとしてどんな方向に進むべきか悩みました。 (グループが)マニアックな方なのに、中間地点を探さなければならないだろうかと悩みました。 7年目だから、さらにそんな気がしましたよ。でも僕は自分のステージを見て飽きる時がありました。そんな中「歌謡大祭典」で「桃源境」ステージをして大きな力を受けました。VIXXの新たな視点を発見したような気もしました。メンバーたちにもそのような話をしました。VIXXに対するどんなイメージを描くのか考えてみる時間です。


- まもなく入隊もしなければならないが。

国が呼べば行かなければならないということです。元気な青年として、自然に行ってくると考えています。軍服務は自然なものだと思います。行ってきた方々のアドバイスもたくさん受けました。


- 29歳、もうすぐ30になる。どんな思いで30歳を迎える準備をしているのか。

以前は焦りがたくさん出ました。今は焦りがないというなら嘘ですが、少し違った考えです。スランプが来たときに、5年後、10年後の自分を考えてみました。自分の目標を果たせないことがありますが、目標に向かって歩いていると思います。そうしたら年齢が恐ろしくはありません。


article (4)
















スポンサーリンク

2018年3月6日以前のブログはこちらへ

関西びくす会 VIXX is DOPE!!

Twiter
VIDEO














最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサー
プロフィール

westvixx

Author:westvixx
!!!ブログ内容の転載禁止!!!
持ち出しはおやめください
引用される場合は出処を記載してください

⭐⭐⭐⭐VIXX⭐⭐⭐⭐

K-POP界随一のコンセプトドル
Voice, Visual, Value In Excelsis = VIXX
最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを
兼ね備えた6人組アイドルグループVIXXの
活動をお知らせするブログです

最新情報をできる限りタイムラグなく
お知らせすることを目標にしておりますが
中の人の私生活が忙しくて
たまに放置されることもあります

情報内容によってはすっ飛ばしも・・・

また中の人は🐰ラビペン🐰なので
ラビ関連記事が多くなることがあります

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


コメントはお受け付けしておりません

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク