FC2ブログ

20181106 VIXX HYUK 雑誌「CINE21」記事

優越遺伝子に違いない!
お父さん+息子=ポカポカミュージシャン
目から❤発射ぴょん - 
.
#ハッピートゥゲザー#11月15日封切り#パク・ソンウン#ソン・セビョク#チェ・ロウン#ハン・サンヒョク#ヒョク#ビクス


※source goldenstorypictures Instagram




45167684_2116087805120281_2495771419435073536_o.jpg 






<ハッピートゥゲザー>パク・ソンウン・ソン・セビョク・チェ・ロウン・ハン・サンヒョク - 一緒で心強い

14_33_44__5bdfd6385ff0c[W680-]


<ハッピートゥゲザー>はサックス奏者の父親と才能を持って生まれた息子の間にナイトクラブの人気スターであり、生計型ミュージシャンが割り込んで起こる話を扱ったヒューマンドラマだ。芸術的な感覚を持って生まれた才能と現実の難しさ、これを克服する家族の愛はすでにおなじみの話なのに、これを説得力のあるように密着させるのは、最終的に俳優たちの自然な演技であったと言っても過言ではない。そうした点でパク・ソンウン、ソン・セビョク、チェ・ロウン、ハン・サンヒョクの4人の俳優の呼吸は信じてもいいだろう。誰一人目立った特異なキャラクターではないからである。撮影が終わった後、ほぼ1年ぶりに会う席にも、まるで昨日まで撮影をしてきたかのように自然にお互いを配慮する姿で映画の中の呼吸を感じることができた。

14_33_53__5bdfd641a9384[W680-]




パク・ソンウンさんとチェ・ロウンくんの記事は割愛




<ハッピートゥゲザー>ソン・セビョク・ハン・サンヒョク - 愉快なプロフ​​ェッショナル

14_40_25__5bdfd7c9304eb[W680-]


「2人が友人のように見えるように撮りましょう!」写真撮影中ソン・セビョクが冗談を言った。インタビューの中で、2人の劇中関係は「似た父子」ではないかという記者の言葉に「初恋に失敗して暴れてもそれは絶対にない。実際には16歳差だからそのまま叔父と言ってほしい」と笑った彼が、後輩との距離をさらに狭めたものであった。ソン・セビョクとハン・サンヒョクは一緒に撮影した分量は多くはなかったが、お互いに多くのことを知っていた。 「君は作曲もするだろう?」と先に尋ねたソン・セビョクはハン・サンヒョクのグループVIXXのメンバーヒョクとして積んだ経歴も知っていた。また、「私なら撮影しながらすごく緊張したのに、音楽人のせいかサックス吹くシーンもとても落ち着いて演技してたよ」と後輩に向けた賞賛を惜しまなかった。今この瞬間にも、大きなスクリーンで見た俳優たちを実際に見るのが不思議だと言うハン・サンヒョクは「(ソン)セビョク兄さんと別に酒を飲みながら話もたくさんしましたが、その時の先輩の表情一つ一つ、おっしゃる事一つ一つが映画のワンシーンでしたよ」と感心した。

<ハッピートゥゲザー>のヨンゴルも相手の才能のために人間的な愛情を与え始める。ソン・セビョクが演じるヨンゴルは、観光ナイトクラブでハヌル(チェ・ロウン)の父ソクジン(パク・ソンウン)の仕事を奪う」生計型」サクソフォニストだ。序盤はソクジン - ハヌル父子へ目障りな反応を見せたヨンゴルは、幼いハヌルがアーティストとして持つ能力を発見した後は、実の父のように愛情を注ぐ。 「生きながら、このような場合は思ったよりも多い。名節の時たまに一度会う叔父より、近所の兄と誰よりも粘着性がある関係が結ばれる時がある。私も演技をしながら親戚の中でどんな方よりも、学校で身近に接した先輩を先に思い浮かべるよ。誰でも、最終的にヨンゴルのようにハヌルに接するしかなかっただろう」<ハッピートゥゲザー>で最も感情の振幅が大きいヨンゴルはソン・セビョクが持っている複合的なイメージを適材適所に活用するキャラクターでもある。 「芸術しようとする両班」と言いながらソクジンに入れ知恵をしたヨンゴルが、サクラの客をお金で雇ったことが明らかになったところで見せる卑屈な表情や、初めて船を乗りに来た日、一人だけ離れて座って複雑な顔をしていたシーンは<ハッピートゥゲザー>で演技的に最もエキサイティングな瞬間の一つだ。

俳優のキャリアだけ計算すれば、2007年生まれのチェ・ロウンのキャリアがさらに長いと皮肉を言うとすぐに「そうですか? (チェ)ロウン兄さんが先輩ですか?」と明るく笑うハン・サンヒョクは<ハッピートゥゲザー>の「スター性」を担当する。 <チェイス-夜明けまで走れ->(2015)に続いて2回目の映画出演であるハン・サンヒョクは「大人になったハヌルがステージの上にいるときに余裕がるように見えたらと思って」と監督の目に入った。しかし、世界的なサクソフォニストに成長した青年ハヌルはステージで気楽に見えるだけで完成されたキャラクターではない。 2回目の撮影と子役時代に比べて分量は少ないが、ソクジンとヨンゴルに代表される、父の世代の愛情を反映する象徴性を持つからだ。本来ピアノを弾いたり、さまざまな楽器を扱った歌手としての経験がサックスの練習に役に立った理由に「演技的に欲が出る僕はは他の部分にさらに気を使うことができた」という。 「幼いハヌルのキャラクターを参考にしなかったというのは嘘ですが、その期間よりはハヌルが大きい事件を経験した後、自ら感じて思った時間に注目しました。それが青年ハヌルのキャラクターを作った源泉であったようです。それで映画に出てこないことを想像しながらキャラクターを研究しました」

ソン・セビョクは20歳の時から舞台演技を始め、ハン・サンヒョクは18歳になった年にアイドルグループVIXXのメンバーとしてデビューした。しばらくの間、育児に集中して作品活動を休んだソン・セビョクは、今年ドラマ<私のおじさん>で最初のブラウン管演技に挑戦して好評受け、<ハッピートゥゲザー>は彼が温かい家族ドラマにもとても似合うことを見せる。今年初の単独ファンミーティングも開いたハン・サンヒョクは、パク・ソンウン・ソン・セビョク・クォン・ヘヒョなどそうそうたる先輩たちと共演した<ハッピートゥゲザー>でまもなく観客に会う。若くしてそれぞれ演劇とアイドルメンバーとしてのキャリアを始めた2人に、活動領域が一層広くなった2018年は重要な一年であった。 <ハッピートゥゲザー>には「観客の心を捕らえファンを作るのがプロ」というセリフが登場する。それぞれの領域でプロフェッショナルな資質を見せてくれた彼らの新しいチャプターが始まった。










スポンサーリンク

2018年3月6日以前のブログはこちらへ

関西びくす会 VIXX is DOPE!!

Twiter
VIDEO














最新記事
スポンサーリンク
カテゴリ
スポンサー
プロフィール

westvixx

Author:westvixx
!!!ブログ内容の転載禁止!!!
持ち出しはおやめください
引用される場合は出処を記載してください

⭐⭐⭐⭐VIXX⭐⭐⭐⭐

K-POP界随一のコンセプトドル
Voice, Visual, Value In Excelsis = VIXX
最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを
兼ね備えた6人組アイドルグループVIXXの
活動をお知らせするブログです

最新情報をできる限りタイムラグなく
お知らせすることを目標にしておりますが
中の人の私生活が忙しくて
たまに放置されることもあります

情報内容によってはすっ飛ばしも・・・

また中の人は🐰ラビペン🐰なので
ラビ関連記事が多くなることがあります

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


コメントはお受け付けしておりません

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク