FC2ブログ

20190612 VIXX LEO ミュージカル「マリー・アントワネット」キャラクターポスター+記事

6月18日1次チケットオープンになるミュージカル「マリー・アントワネット」



#ミュージカル#マリー・アントワネット2019 CAST
アクセル・フォン・フェルゼン伯爵役#チョン・テグン
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
「この世界で君を守る人はただ僕だけだ」
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
華やかな悲劇、交錯した運命
ミュージカル<マリー・アントワネット>
2019.8.24 - 11.17 Dキューブアートセンター

emk_musical_62033179_2219530258124182_3793025158185400190_n.jpg

※source emk_musical Instagram




64296396_2266839096733882_6480773983699468288_n.jpg





キャスティングについての記事です


ミュージカル「マリー・アントワネット」、キム・ソヒョン - キム・ソヒャン - チョン・テグン - ファン・ミンヒョンなど最強ラインナップ公開

611905_409009_2210.jpg


5年ぶりに帰ってくるミュージカル「マリー・アントワネット」の派手なキャスティングラインナップが公開された。


ミュージカル「マリー・アントワネット」は、日本の代表小説家遠藤周作の「王妃マリー・アントワネット(1978〜1980)」を原作に、2006年日本最高の製作会社東宝プロダクションで初演された作品である。フランス王妃だったが18世紀のフランス革命でギロチン台で命を終えたマリー・アントワネットのドラマチックな人生と社会の不条理に関心を持って革命をリードする架空の人物マルグリット・アルノーの人生を対照的に光をあてて、真実と正義の真の意味を深く扱った。

生まれながらすべてを享受してきたが、最も悲惨な場所まで墜落するマリー・アントワネット役にキム・ソヒョン、キム・ソヒャンが確定した。
観客が最も愛する俳優キム・ソヒョンがミュージカル「マリー・アントワネット」でマリー・アントワネット役を引き受けた。キム・ソヒョンはミュージカル「アンナカレーニナ」「エリザベート」など多数の作品でタイトルロールを引き受け、繊細な感情演技と圧倒的な歌唱力で名実共に大韓民国トップ俳優であることを立証した。 2014年の「マリー・アントワネット」初演で独歩的な存在感と様々な表現力で賛辞を受けたキム・ソヒョンは、今回の公演で一層成熟してエレガントな円熟味で感動をもたらしてくれるものと期待される。

2017年アジア人初のブロードウェイミュージカル「シスター・アクト」ワールドツアーで「メリーロバート」役を演じ、韓国を越えてブロードウェイまでひきつけた俳優キム・ソヒャンは、最近ミュージカル「エクスカリバー」「ルートヴィヒ:ベートーベンよりピアノ」「マリキュリー」で挑戦的で進取的な女性キャラクターを相次いで引き受けて、観客の大きな愛を受けている。今回のキャスティングについてキム・ソヒャンは「「マリー・アントワネット」が自分の俳優人生の中で非常に意味のある作業になるようでときめく」と感想を伝えた。

マリー・アントワネットと対称点に立って、フランス貧民を扇動し革命の主唱者となる人物マルグリット・アルノー役に俳優チャン・ウンアとキム・ヨンジが名前を上げた。

ミュージカル「エクスカリバー」「光化門恋歌」「三銃士」「アイーダ」「アリラン」「レベッカ」などで活躍したチャン・ウンアは、ソウルフルな声とカリスマ的なオーラで深い響きをプレゼントする俳優で、MBC「覆面歌王」で切ない感性とユニークな高音で94代歌王に上がって話題を集めたことがある。チャン・ウンアはマルグリット・アルノーを引き受けて、致命的なクラッシュで舞台を圧倒する見通しだ。


前SeeYaのメインボーカリストとして爆発的な歌唱力と繊細な感情線で心に響く逸品ボーカルキム・ヨンジが、ミュージカル俳優として初めて挑戦に出る。ボーカルの偶像で指折り数えられ、多くの愛を受けてきたキム・ヨンジは、普段から着実に演技とボーカルトレーニングを受けミュージカルデビューに完全に準備を終えたという裏話だ。新しい挑戦についてキム・ヨンジは「普段ミュージカル作品を本当に好きな私が、ミュージカル舞台に立つとはすごく震えて胸がいっぱいになる。良い姿をお見せできるように努力したい」と抱負を明らかにした。


611905_409011_2228.jpg


すべての女性たちの羨望の対象で魅力的で勇敢なスウェーデン貴族であり、マリー・アントワネットを愛するアクセル・フォン・フェルゼン伯爵役にはパク・ガンヒョンとチョン・テグン、そしてファン・ミンヒョンがキャスティングされた。

JTBC「ファントムシンガーシーズン2」準優勝に続き、2018年ミュージカル「笑う男」「エリザベート」まで信じられないほどの技量で舞台を掌握したモンスターの新人パク・ガンヒョンがミュージカル「マリー・アントワネット」のアクセル・フォン・フェルゼン伯爵役にキャスティングされ、人気ミュージカル俳優であることを立証した。 2019年には確かに自分の年を作っているパク・ガンヒョンは、滑らかな高音処理はもちろん演技を重ねるごとに成長している演技力で、運命的な恋に落ちたアクセル・フォン・フェルゼン伯爵役を完璧に消化することと思われる。

ミュージカル「エリザベート」「ザ・ラストキス」「マタハリ」などの作品に相次いで出演して、ミュージカル界の興行万能キー浮上したVIXXチョン・テグンがアクセル・フォン・フェルゼン伯爵役で女心狙撃に出る。最近「エリザベート」のトート役で、彼の魅力と可能性を最大限に発揮したという評価を受けて人生キャラクターを更新したチョン・テグンは、これまでの内面を十分に発揮して、魅力的なアクセル・フォン・フェルゼン伯爵を演じこなせる見通しだ。

2012年のNU'ESTでデビューした歌謡界のビジュアル皇帝ファン・ミンヒョンが、ミュージカル「マリー・アントワネット」のアクセル・フォン・フェルゼン伯爵役で初のミュージカルに挑戦する。普段から甘い声と遜色ない歌唱力、完璧なビジュアルで華やかな修飾語をすべて縫ったファン・ミンヒョンにすべての女性たちの羨望の対象であるスウェーデンの貴族アクセル・フォン・フェルゼン伯爵の役は、私服を着たように完璧なキャスティングという爆発的な反応を導くと思われる。ファン・ミンヒョンは「初めてのミュージカル作品でたくさん震えるが、素晴らしい先輩たちと一緒に努力して素敵な姿をお見せできるように一生懸命練習したい」と抱負を明らかにした。

そのほかにも、フランス王座を占めるために手段と方法を選ばない野心ある人物オルレアン公には、ミン・ヨンギとキム・ジュンヒョンが舞台に上がる。フランス国王ルイ16世役にイ・ハンミルが確定された。マリー・アントワネットの真の友人マダムランバル役に俳優チェ・ジイが活躍を繰り広げる。

ミュージカル「マリー・アントワネット」は、来る8月24日からD-キューブアートセンターで公演され、18日午後2時からメロンチケット、インターパークチケットサイトで1次チケットをオープンする。










プロフィール

westvixx

Author:westvixx
!!!ブログ内容のまとめサイトでの
使用・転載禁止!!!
持ち出しはおやめください
引用される場合は出処を記載してください


⭐⭐⭐⭐VIXX⭐⭐⭐⭐

K-POP界随一のコンセプトドル
Voice, Visual, Value In Excelsis = VIXX
最高のVoice、最高のVisual、最高のValueを
兼ね備えた6人組アイドルグループVIXXの
活動をお知らせするブログです

最新情報をできる限りタイムラグなく
お知らせすることを目標にしておりますが
中の人の私生活が忙しくて
たまに放置されることもあります

情報内容によってはすっ飛ばしも・・・


ラビのソロに関する情報は
Twitter @shafi_pi314
でお知らせしています


⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐


コメントはお受け付けしておりません

2018年3月6日以前のブログはこちらへ

関西びくす会 VIXX is DOPE!!

最新記事
Twiter
VIDEO











カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示